2006年06月28日

BLOOD+ 第37話

BLOOD+37話.jpg

お、お父さーーーん


デヴィット立ち直り早いなあ・・・

BLOOD+37話1.jpg 

カールがシュバリエになった過程が明らかに。
昔は気弱な青年だったカール。
一体何が彼を変態に変えてしまったのだろうか・・・。



BLOOD+37話2.jpg

カールの始末をソロモンに任せるアンシェル。
同じシュバリエ同士でも上下関係はあるようです。
シュバリエになった順が関係あるのかな。



BLOOD+37話3.jpg

カール「あの時の君は美しかった。僕にとっての女神!」
カール「僕は狂い、そして君も狂う」


好きなら普通に好きって言えよ!これじゃあ小夜じゃなくても引きます。
必死すぎて逆に可哀想になって来ましたよ。

シフも参戦。
いつでもどこでも神出鬼没ですね。
心強い人たちなので安心です。
それにくらべカイときたら・・・。


BLOOD+37話4.jpg

変態節大炸裂。
これが最後の出番だからといってすごい張り切り様だなー。
カールのような濃いキャラは見ていて面白いですね。

カールがシュバリエになったのは実験の為。
随分酷いことをされたようです。
性格が歪んでしまったのもわかる気がします。
彼はディーヴァのシュバリエの中でも異質な存在だったようです。

カール「(カイに向かって)またお前かーーー!!」
見事にシンクロしました。私と



BLOOD+37話5.jpg

ハラキリガール!
と外国の方が観たら喜びそうなシーンですね。
カールの腕を切り落とすソロモン。
そして小夜の血を受けカールは死亡。
ああ、カール。活躍が見れただけ良かったよ。

ソロモンは相変わらずの物腰の良さ。
ディーヴァのシュバリエの中で一番まともなのはこの人だけかもしれません。
敵なのが惜しいですね。
ソロモン「彼を見ている僕がいたことにも・・・」

ソロモン×カールキタコレ!
腐女子大喜びだーわーわー。



BLOOD+37話6.jpg

カイ「俺はお前を守りたい」

守れねーよ!
どっちかっていうと守られる方だろう。





posted by みかん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(2) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(アニメ感想) BLOOD+ 第37話 「狂おしいまでに」
Excerpt: BLOOD+ Vol.7 [完全限定生産]/アニメ グレイの家で開かれたハヴィアの誕生パーティー。そこに、意外な客人が現われるのでした・・・。いよいよ、その欲望を抑えきれずに暴走を始めたカー..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-06-30 17:44

レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第37話「狂おしいまでに」
Excerpt: 品質評価 17 / 萌え評価 30 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 53 / お色気評価 21 / 総合評価 28<br>レビュー数 94 件 <br> <br> グレイの子供たちの一人、ハヴィア..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-11-12 22:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。