2006年07月22日

金曜ロードショー・ハウルの動く城

ハウルの動く城。
やっぱりジブリ作品はいいなぁ。
後半のストーリーがやや説明不足で勢いで済ませた感はありましたが・・・。
絵は本当に綺麗ですね。背景まで細かくかかれているのが、さすがジブリ!
キムタクの声もほとんど違和感なく聞けました。
ソフィーは若干無理があったかな。
音楽は相変わらすネ申。早速サントラ聴いてます。笑

ハウル地上波公開記念ということで
劇中でころころ変わるハウルの髪型大検証!
 
ハウル.jpg

ハウル登場時の髪形。
見事な金髪さらさらヘアー。
これはソフィーでなくともクラっとくる。
少女漫画に出てくる王子様のような振る舞いの彼にぴったりの髪形。

正直この髪形が一番好きです。



ハウル1.jpg

綺麗に切りそろえたおかっぱヘアー。
ますます王子らしくなってきました。



ハウル2.jpg

戦闘で綺麗な髪もくしゃくしゃに。
金髪もここで見納めです。



ハウル3.jpg

ソフィーがまじないをめちゃくちゃにしてしまった結果がこれ。
オレンジ色の髪。
結構レア。



ハウル4.jpg

ハウルの地毛が黒かったことに驚きです。
目が青いので金髪が普通に馴染んでいた所為もあるかもしれません。
黒髪になってもさらさらヘアーは健在。


ハウル5.jpg

短いおかっぱヘアー。これが一番さっぱりしていていいんじゃないかな。
髪の色も黒というより青っぽいです。


ハウル6.jpg

どこまでが髪でどこまでが羽毛!?
全身毛だるま(笑)ハウル。
顔だけしっかり出ているところが素晴らしいですね。



ハウル7.jpg

幼少ハウル。
ハクにしか見えません。



ハウルは髪形だけでなく性格も登場時とだいぶ違ってみえました。
最初は物凄いかっこいい完璧なキャラクターだと思っていたのに
実はヘタレだということが発覚。
しかし最後には愛する人を守るため
自ら戦場へ赴くという本当の意味でたくましいキャラクターに変わっていく。

ハウルはソフィーがいなかったら一生ヘタレのままだっただろうな。
ソフィーはある意味運命の相手だったのかもしれませんね。
posted by みかん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。