2006年11月15日

DEATH NOTE(デスノート) the Last name

デスノート後編の感想です。
ネタバレ満載なのでまだ観ていない方は読まないほうが良いですよ〜
 
期待以上の出来でした!
前作よりもさらに面白くなっていると思います。
Lのシーンが多かったからかな(え
漫画のLより映画のLの方が好きになってしまいました。
あの棒読みっぽい喋り方がたまりません。

内容の方は、うまく原作をまとめてあり原作既読の人はさぞかし関心したんじゃないだろうかと思います。

印象に残ったシーン
・Lのお面
このシーンは劇場で笑いが起こってました
大学でのLのシーンは全部良かったです。
・Lのお菓子
前編よりもパワーアップしていた気が
・さくらTVに突っ込む総一郎
ヘルメット姿の総一郎はギャグにしかみえませんでした
・模木死す
何故雑魚キャラ宇木田がモッチーに代えられたのか・・・・
・高田清美の美脚
脚長すぎです!思わず見とれてしまいました・・・
動物に例えるとキリンです
高田のキャラは原作とはだいぶ違っていて。
月と知り合いですらなく、原作の火口の役割を見事に果たしていました
・父の名をデスノートに書く月
原作の月とは違う一面だと思います。
・レムの声
かっこよすぎだ
・射撃が得意な松田
わざわざ自分から射撃が得意とアピールしていた所が松田っぽいというかなんと言うか

そしてやっぱりラストシーン
Lが死に月勝利と思いきやどんでん返しが待ってました。
原作のLが果たせなかったことを果たしてくれたのですっきりした終わり方でしたが切ない最後でした・・・
総一郎やミサが生き残ったのが唯一の救いです。

ただノートすり替えのトリックの説明が少し不足していたような気もします。
一番疑問に思ったのがミサがリュークを知っていたことかな。
一度も月のノートに触れた描写がなかったので唐突に思えました。

レッチリの主題歌は合っていて良かったです。
前編は歌詞がまったく合っていなかったからなー。



posted by みかん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。